住宅ローン控除を受けるために確定申告をしよう

お得な住宅ローン控除

フラット35などの住宅ローンを組んで家を購入した人やバリアフリーなどで改修工事をした人が受けられる制度に「住宅ローン控除」があります。住宅ローン控除では年末のローンの残高によって税金が還ってくるので非常にお得です。この住宅ローン控除を受けるためには確定申告をする必要があるので要チェックとなりますよ。

住宅ローン控除を受けられる条件

  • 住宅ローンの借入期間が10年以上となっている
  • 無利子や0.2%未満の超低金利で住宅ローンを利用していない
  • 床面積が50平方メートル以上はある
  • 住宅ローン控除を受ける都市の所得金額が3000万円以下であること
  • ちゃんと自分が住む用の住宅であること

住宅ローン控除を受けるために確定申告をしよう

説明

住宅ローン控除に必須な確定申告

住宅ローン控除を受けるためにも確定申告をしないといけません。この確定申告で自分の所得やそれに関係する所得税について申告していきます。その他にも確定申告では納めすぎてた分の税金を還付してもらう還付申告があり、住宅ローン控除も還付申告の1つとして知られているでしょう。住宅ローン控除では確定申告は必須となるのです。

玩具の家と紙幣

手続き方法

住宅ローン控除のために確定申告をする場合、住んでいる地域にある税務署で手続きをしていきます。また、確定申告の手続きをする際は、確定申告書を税務署に持参や郵送、インターネット上で申請などの方法があります。自分がやりやすい方法で必ず実施していきましょう。

積み木と紙幣

必要な書類

確定申告には色々な書類を用意する必要があるので、用意忘れが無いようにしっかりとチェックしていきましょう。まず、税務署から入手する確定申告書が必要になります。その他にも住宅借入金等特別控除額の計算明細書や住民票の写し、源泉徴収票、建物や土地の登記事項証明書、住宅ローンの残高が分かる残高証明書を用意しておくことです。

きちんと確定申告をすることが大事!

当たり前ですが、何もしていないと住宅ローン控除を受けることは出来ません。住宅ローン控除で税金が還ってくるようにするためにも、忘れずに確定申告を実施するのが大事です。確定申告でもわずかながらお金が手元に入ってくるので、把握しておくことです。

広告募集中