女性

処女膜再生は女性の味方!【自信回復に繋がるコンプレックス解消術】

女性器の形を改善する手術

ウーマン

女性の腟内はとてもデリケートなものです。粘膜は些細な刺激でも傷付いてしまう事があるのですが、腟内を守るための機能によってそのリスクは軽減されています。小陰唇は膣の外側にあるヒダのような器官で、膣内に細菌が侵入したり刺激を受けたりする事を防止する働きがあります。小陰唇によって女性のデリケートゾーンは守られていると言っても過言ではないでしょう。しかしこの小陰唇は女性のコンプレックスになりがちです。大きさや形が気になる女性が多く、美容外科の婦人科形成により縮小手術を希望する人も増えてきています。

小陰唇の大きさには個人差があるのですが、大きすぎる場合には女性にとって繊細なコンプレックスになるでしょう。見た目が気になるなら縮小手術によって改善する事が出来ます。美容外科の婦人科形成では膣縮小手術や処女膜再生手術などが一般的ですが、女性器の見た目の改善にも効果的な治療法があります。小陰唇が大きいと摩擦による黒ずみなどが生じやすいなどのデメリットがあるので、早めに改善するには小陰唇縮小手術が最適です。

デリケートゾーンを守るための器官である小陰唇ですが、通常よりも大きい場合は恥垢が溜まって細菌が繁殖したり、黒ずみの原因になったりする場合があります。縮小手術によりそれらの問題が解消されるので、気になる場合には医師に相談してみると良いでしょう。しかし縮小手術の後には運動を控えるなどの対応が必要になるので事前に確認しておく事が大切です。